「WEBライターで稼ぎたい」相場は無視。1文字5円・日収10万円レベルになる方法

自分がクラウドワークス・ランサーズなどの在宅ワークで、1文字5円以上の単価まで引き上げたノウハウを淡々と記録しています。WEBライターで稼ぎたい人向け。

【WEBライター第5歩】ネット情報以外の、情報リソースを準備する(スキンケア大学やNAVERまとめはWELQと同レベル)

DeNAまとめサイトでは、コピペ記事の量産が問題になりましたが、多くの発注者は、コピペ記事対策を行っています。

コピペ記事を作らないことは当然のことですが、高単価案件を受注するライターになるためには、「情報リソースをネットに頼らない」という姿勢で取り組む必要があります。

スポンサーリンク  

ネット上の情報は玉石混合

ネット上の情報は、玉石混交です。

特に、検索して上位に表示されるサイトは、SEO対策に長けているものの、書いてある記事内容の専門家ではない人が書いたものがほとんどです。

例えば、美容健康記事の場合、DeNA問題が起きる前は、Google検索1ページ目のほとんどを、

の3サイトが占めていました。

ここからWELQは閉鎖となり、NAVERまとめは2017年3月頃から、薬機法(旧薬事法)に違反すると思われるまとめページを一挙にクローズしました。

スキンケア大学は、そのまま残っているようですが、「医師監修」と付いているものの、中身は外注ライターが書いているようです。

中には、WELQに上がっていた記事と同レベルのコピペ記事が散見されます。

ライターとして仕事をする上で、絶対にやってはいけないことは、

  • コピペ・継ぎ接ぎの低レベルな記事を参考に記事を書く

ということです。

低レベルな記事を参考にしている限り、低レベルな記事しか書けません。

0.5円以下の使い捨てライターであればそれで良いのですが、5円以上の付加価値を取るためには、

  • 他の人が書けない記事を書けるようになる

ことが大切だということを、忘れないでください。

おすすめは紙媒体からの情報収集

記事を書くときに情報収集が必要になったら、その情報収集は、ネット上に上がっている著者不明の記事からではなく、出版社や著者が明確な「紙媒体(本・雑誌など)」から行うことをおすすめします。

とはいえ、1記事書く度に、本や雑誌を購入していては、時間がかかりますし、費用もかさんでしまいます。

なので、私の場合は、「Kindle Unlimited(読み放題)」の書籍の中から、情報収集していました。

これで、ほとんどどんな分野の記事でも、間に合っています。

書籍から情報収集して記事を書いているライターは、WEB界隈にはごく少数しか存在しません。

そのため、これをやるだけでも、発注者からの高評価につながります。

その高評価が、高単価へとつながっていくわけです。

スポンサーリンク