「WEBライターで稼ぎたい」相場は無視。1文字5円・日収10万円レベルになる方法

自分がクラウドワークス・ランサーズなどの在宅ワークで、1文字5円以上の単価まで引き上げたノウハウを淡々と記録しています。WEBライターで稼ぎたい人向け。

【WEBライター第0歩】1文字0.5円から開始して1カ月後には3円、3カ月後には5円で書くようになりました。

このブログは、私がクラウドソーシングサイト経由で仕事を受注するWEBライターとして、0.5円からスタートし、1文字5円以上まで単価を引き上げてきたノウハウを記録するために立ち上げました。

スポンサーリンク  

クラウドワーキングは、かなり稼げる

クラウドワークスやランサーズをはじめとする、クラウドソーシングサイトでは、「ライターが劣悪環境で搾取されている」というイメージが強くあります。

特に、DeNA問題などで、1文字あたり0.5円以下で発注されたコピペ記事の量産が、話題を集めたりしました。

しかし、私が実際にクラウドワーキングの世界に足を踏み入れて思ったのは、

  • 「ずいぶん簡単に稼げるな」

ということでした。

ポイントは、発注者も未熟な人が多いということ

私自身の経歴を少し明かせば、発注側の立ち位置でも長く仕事をしています(つまり、外部のコピーライターやデザイナーへ仕事を発注して、ディレクションする立場にあったということです)。

その視点で見ると、クラウドワーキングの現場では、発注者も、未熟なケースが多いのです。

ですから、受注者(ライター)がしっかりイニシアチブを取って交渉していけば、単価が上がることも、大いにあるのです。

また、単価が上がらない発注者と、上がる発注者を見分けて、できるだけ上がる発注者を見つけていく作業も、大切になります。

私は手始めに0.5円の仕事を受注し、すぐに単価引き上げに成功しました

私は発注者側の立ち位置もわかった状態で、クラウドワーキングサイトに登録して、ライターとしてチャレンジしてみました。

最初は実績が0なので、0.5円の仕事を受注し、その後、1円、1.5円、2円、3円、5円…、とすぐに単価をアップさせていきました。

当然の話ではありますが、同じ「1,000文字」のライティングでも、

  • 0.5円:500円
  • 1円:1,000円
  • 3円:3,000円
  • 5円:5,000円

と、大きな差が付いてしまいます。

どう交渉していけば単価が上がるのか、どう発注者を見分ければ良いのかなどについて、このブログで解説していくつもりです。

単価が上がった後は、ライティングスピードを速めていく

私は現在、1時間あたり2,000字、1日最大20,000字(10時間)程度、書くことができます。

1文字5円で受注すれば、時給1万円・日収10万円ということです。

高い単価で受注できるようになるのと同時に、早いスピードで書くことができるようになる努力をすると、非常に効率的に稼げるようになります。

このブログでは、早いスピードで書くためのコツも、お伝えしていきます。

このブログでこれから書いていくこと

このブログで、これから書いていこうと思っていることをまとめると、次の通りです。

  • 初心者の頃におすすめの案件の選び方
  • 質の良いクライアントの見分け方
  • 価格引き上げ交渉のコツ
  • 高単価スカウト数が増えるテクニック
  • ライティングスピードを倍速にする方法
  • 文字校正を効率化する方法 etc.

補足:申し訳ありませんが、具体的な自分の情報は出しません

よく、自分の実績の証拠として、画面のキャプチャなどで具体的な数字を掲載されているサイトがありますが、私はこのブログで自分の情報は、出しません。

それでこのブログに書いてあることは信用できない、という方は、残念ですが仕方がありません。

ただ、本当に自分がやってきたことを、大げさにすることもなく、こっそり細々と、そして淡々と書いていきます。

それが参考になるという方は、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク